レザーウッドハニーの香気成分

2019年1月25日 技術レポート

レザーウッドハニーの香りに寄与する成分

レザーウッドハニーはオーストラリアのタスマニア島だけに自生するレザーウッドの樹木を蜜源とするハチミツであり,華やかで力強く複雑な香りを有し「ハチミツの香水」とも呼ばれている。本研究では,このハチミツの独特な香りに寄与する成分について検討した。

レザーウッドハニーから香気抽出液を調製しGC-O分析すると,レザーウッドハニーのフローラル, ハーバル, 薬品様, ウッディ, スパイシーな香りには, anisaldehyde, hotrienol, guaiacol, methylvanillin, eugenolがそれぞれ寄与していた。特徴の一つであるコスメティックな香りに寄与する成分は,GC-O分析では明らかに出来なかった。この香りは単独の成分による寄与ではなく複数の成分で構成されていると考え,カラム分画やGC分取で成分を探索し,anisaldehyde, 2’-aminoacetophenone, linalool, hotrienol, o-methoxyacetophenone, eugenolの混合物がコスメティックな香りに貢献していた。

(第62回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 高村)

«