PR活動

技術力・製品力のアピール

新たな技術、開発商品のアピール

加工食品メーカーがユーザーの大半を占める私たちにとって、内外で開かれる食品関連の展示会が製品を知っていただくための貴重な場の一つです。
「ifia JAPAN(国際食品素材/添加物展)」などにも積極的に出展しており、2008年度・開発テーマ「のどごしからの香りとは」で技術賞受賞後も、2012年度、2015年度にも技術賞、2014年度製品力賞、2010年度ベストPR賞などを受賞。このような高いご評価をいただいた開発技術を通じてお客様に一歩進んだ提案をしています。

研究成果の発信&情報収集

研究部門での成果は、製品に応用するばかりではなく、国内外の学術雑誌や学会などの発表を通して、社外へ発信しています。一方、日々進歩する香料を取り巻く技術を的確に捉えるため、国内だけでなく海外へも積極的に出向き情報収集しています。

◆香料・テルペンおよび精油化学の関する討論会(TEAC)◆
 ベストプレゼンテーション賞

第47回 パイナップルの香気成分(2)
第48回 ゆで卵の香気成分
第50回 粉砕したイチゴ香気の経時変化に関連した成分組成
第51回 加熱した醤油の香気成分に関する研究
第52回 加熱したチーズの香気の分析
第53回 高糖度トマトの香気成分に関する研究
第54回 淹れたてコーヒーの香りに関する研究
第56回 煮干しだしの香気に関する研究
第58回 シシユズ(獅子柚子)の香気成分
第61回 麦飯の独特な香りに寄与する成分

◆日本清涼飲料研究会 研究発表会◆
 全国清涼飲料工業会賞

第20回 飲料に賦香した香料成分の揮散挙動

お客様や研究機関とのコラボレーション

食品メーカーや大学、公共研究機関などと協力し合い、新たなコンセプトから基礎および応用研究を進めています。このようなコラボレーションによる研究開発から、多様なニーズに応える新たな商品がつくりだされます。