トピックス

シシユズ(獅子柚子)の香気成分
2015/04/30・技術レポート

シシユズ(Citrus pseudogulgul Hort. ex Shirai)はカンキツ属、初生カンキツ亜属のザボン区に属する香酸カンキツである。果実は600gから1000gになる大形で、表面には著しい凹凸を持つ。11月頃に黄色化し、フローラルで甘酸っぱく、スパイシーで独特のグリーンな香気を発する。本研究では、シシユズの果皮から溶剤抽出により精油を調製し、その特徴的な香りを調査した。

精油をGC-O分析に供した結果、高いFD値を持つ成分として、Linalool(花様)、Gerシシユズ図1aniol(ローズ様)、Sotolon(カラメル様、カレー様)、Octanal(カンキツ様)、Thymol(スパイス様)、Methyl jasmonate(花様)、および、グリーンでフラベド様の匂いを有す未知成分が検知された。この匂いは柑橘の果皮を連想させ、未知成分はシシユズの香りを特徴付ける重要な要素と考えられた。そこで、この未知化合物をGC-PFCにより単離、詳細に分析した結果、柑橘類の果皮精油からこれまで報告がない (E,Z)-2,8-Tetradecadienalであること明らかにした。

(第58回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 中本)